FXにおけるスワップポイント

FXは値動きによって利益を出すことを目的とした取引ですが、実はこの値動き以外でも利益を出す方法があります。それがスワップポイントです。
スワップポイントとは通貨を取引することで得られる利息のようなものですが、なんとポジションを持つだけで発生したスワップポイントを毎日自動的に受け取ることができます。受け取れる金額は日々変動し、さらに各通貨・各FX会社によっても違ってきます。そこでFX会社はスワップポイントの金額を分かりやすくするためスワップカレンダーを作成していますので確認してみてください。

 

スワップポイントは通貨ペアによって受け取れる金額が違う

スワップポイントは2国間の通貨の金利差から得られる利益のことを言います。
日本円のような低金利通貨とオーストラリアドルのような高金利通貨の通貨ペアを持つことでその金利の差額を受け取ることができます。1日に受け取れる金額はさほど多くはありませんが、ポジションを持つだけで毎日受け取れると考えると大変魅力的です。またスワップポイントは、証拠金の金額ではなく実際に取引する金額によって計算されますので、レバレッジをかければかけるだけその分多くの金額が発生することになります。レバレッジをかけて長期運用される方にとっては多少有利な取引ができるようになります。

スワップは受け取るだけではなく支払うケースもある

しかし、その逆にスワップポイントは支払う場合もあるということを忘れてはいけません。
低金利の通貨から高金利の通貨を買うとスワップポイントは受け取れますが、逆に売るとマイナススワップと言ってポジションを長期保有している場合はスワップポイントを払い続けなくてはなりません。スワップポイントを払い続けるということは長く持てば持つほど取引が多少不利になることとなります。基本的にはマイナススワップとなる場合は長期保有を避けて短期売買を狙う戦略が一般的です。ただし少額の低レバレッジで取引をする場合はスワップポイントもわずかとなりますので、さほど気にしなくても問題ありません。

スワップポイント発生4パターン

・低金利の通貨で高金利の通貨を買う場合はスワップポイント受け取り
例)日本円/豪ドル(豪ドル円)を買い→プラススワップ

・低金利の通貨で高金利の通貨を売る場合はスワップポイント支払い
例)日本円/豪ドル(豪ドル円)を売り→マイナススワップ

・高金利の通貨で低金利の通貨を買う場合はスワップポイント支払い
例)ユーロ/米ドル(ユーロドル)を買い→マイナススワップ

・高金利の通貨で低金利の通貨を売る場合はスワップポイント受け取り
例)ユーロ/米ドル(ユーロドル)を売り→プラススワップ

※各国通貨の金利によって逆転する可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です